街などでも、振り袖姿の女性を見かけると、思わずハッと目をうばわれるものですね。華やかでこちらも心がうきうきする気持ちになります。日本の伝統的な美しさというのは、老若男女、魅力を感じるものだと思います。お正月、成人式、結婚式でも振り袖姿の女性を目にすることが出来ます。私は仕事上、お着物や振り袖姿の女性を描いたり、お着物のデザインもすることがあるのですが、特に目が行くのは振り袖や帯のその色合いや、デザインです。パッと明るい鮮やかな色合いも良いですし、黒がベースなどのシックな振袖も、すごく素敵ですね。お花をモチーフにデザインしたものが多いと思いますが、艶やかに描かれています。自分でデザインするときはこういったお花を描くのが難しかったり、全体の色合いというのがすごく難しいところですね。

でもそんな華やかな柄のものが、一度は着てみたい振袖です。私が成人式に着た振袖は、色は紫からマゼンタといったグラデーションの、独特の色あいだったのですが、今も気に入っている振袖です。意外なところではそう言った和風デザインが色んなジャンルのものにも使われたりしますね。やはり振袖を着ますと、いつもと違った、おしとやかな気持ちになるものです。立ち振る舞いも、美しくきちんとしなければ、と、気持ちも引き締まるものだと思います。そういう気持ちになるというのはとても大事なんじゃないかなと思います。振袖やお着物を着る機会がもっと増えるといいんじゃないかなと思うくらいです。振袖を着たときの立ち振る舞いやお作法など、ネットで調べると載っているので着るときは調べてみるのが良いと思います。例えば電車に乗った時、振袖姿でつり革を持つ時、どうすればいいのかなんて言うのがありました。(作品の中で着物の袖口を描くことがあって、調べたんですけどね。)この間から私が取りかかっているのは、着物姿の女性の後ろ姿を描くというものです。お着物なり振袖なり着た女性の後ろ姿がとても美しいと思うからです。

特に、うなじの部分が良いですね。やはりほとんどの方が髪の毛をアップにしますよね。着物の襟が少しゆとりが出来て、首がすっと見えているというところが、同性の私でも、はんなりとした色気というのを感じるというか、美しいなあと思います。まだまだ勉強中ですが、お着物や振り袖は、着物と帯の色のマッチングが素敵だなと思うんです。私が考えると同色系とか無難な色合いで合わせがちですが、意外な色合わせが素敵だったりするんですよね。その辺も、楽しんでみたいところですね。私はもうこれからの人生で振袖を着ることはない年齢になりましたが、女性には一度振袖を着て、その幸せをいっぱい感じてほしいですね。